注文住宅で夢のマイホーム【理想空間でハッピーファミリー】

女性

不動産の処分

不動産の売却

家

狭山市に住んでいる人が、使うあてのない土地を持て余している場合は、信頼できる不動産会社に売却の仲介を依頼するとよいです。たとえ使っていなかったとしても、土地を持っているだけで毎年固定資産税の支払い義務が生じます。ただ漫然と税金を支払い続けているよりも、思い切って売却してしまった方がスッキリする可能性が高いです。もちろん将来的にその土地を使う予定があるのであれば、真面目に税金を支払い続けていくというのも1つの方法です。ただし、全く使う予定がないのであれば、固定資産税の負担だけが重くのしかかってくることになります。幸いなことに、狭山市には土地取引の仲介を得意としている不動産業者がいますので、そのような業者を利用して買い手を探してもらうようにするとよいです。ただし、売却益が出た場合は所得税を支払う必要が生じますので、そのあたりのことも含めて業者とよく相談してみることをおすすめします。

不動産経営

狭山市内で営業している不動産業者の中には、単に土地売却の仲介業務を行うだけでなく、不動産経営のアドバイスやサポートも行っている業者がいます。たとえ狭山市にある土地を売りたいと希望しても、すぐに適当な買い手が見つかるとは限りません。場合によっては、ずっと買い手が見つからないという可能性もあります。ですので、売却以外の方法も考えてみた方がよいかもしれません。最近になって増えてきているのは、土地の上に賃貸マンションを建てて不動産経営を行うケースです。土地を更地のままで持っていると多額の固定資産税がかかってしまいますが、建物を建てれば税金の額がグッと安くなります。おまけに家賃収入も入ってきますので、今後は売却するのではなく、土地を持ち続けながら賃貸経営をするケースが増えるだろうと考えられています。